サイトマップ
      トップ >洗車用品販売所 >洗車周辺用品プロ用洗車用

スキッとる ガラス撥水・品質改善剤


”スキッとる”はガラス撥水剤として販売されていますが、その※生成の原理上、ガラス表面のポーラス部(凸凹)を埋める特性があるため、ひじょうにクリアな視界が生まれます。

特に、夜間の雨中走行時にその視界の差が明確に体感できます。
弊社で約4ヶ月間テストし、油膜の付きにくさ、視界の改善の持続を体感できましたので販売させていただく事にいたしました。

雨ハジキ・・撥水能力については、よく撥水するコーティング剤に比べますと落ちます。
しかし、雨中での視界の確保は”スキッとる”の方が優秀だと感じられます。

スキッとるを施工すると水滴が付いていても前がよく見える、春の嵐の中を走行している動画

ガラス撥水剤特有の白くなる現象や、水滴が流れ落ちずにガラス面にとどまるため視界を妨げたり乱反射(ぎらつき)を起こす現象が嫌な方、親水性ガラス特有の水の膜が視界を歪めるのが嫌いな方にお勧めします。

※変性イオン化高分子樹脂が、ガラス表面のシノール基と常温で科学的に交差結合し、撥水性被膜を形成する事により、ガラス表面のポーラス部(ガラス特有の凸凹)に水・油・埃が浸透することなく、鏡面状の被膜により光の乱反射(ぎらつき)を抑えます。

無機系ガラス全般に効果があります。
車両・船舶・建物全般・室内備品等
ショーケースやショーウィンドウのガラスのくすみも改善できます。

スキッとる
セット内容
研磨液 1本(30ml)  成分:金剛石水溶液
コーティング液 1本(30ml)  成分:変性フロロカーボン樹脂
仕上げ剤 1本(100ml) 成分:アルコール溶液
硬質スポンジ 1個
カット綿 3枚
スキッとる

  3,000円 購入数 枚  
スキッとる シリカ スケール除去剤 シリカ スケール除去後、ウロコ(鱗)・輪染みの再付着防止にスキッとるをご使用ください。

シルカスケール除去剤取り扱い上の注意
必ずお読みください
シリカ・スケール除去剤+スキッとるセット

  5、500円
   個   
金剛石水溶液ガラス用コンパウンド
ご好評をいただいております、スキッとる付属のガラスコンパウンドです。
ガラスコンパウンド=酸化セリウムと信じてらっしゃる方に、ぜひ試してみて欲しいコンパウンドです。
仕上がったガラスの透明感が違います。
強力 油膜落とし剤、撥水コーティング剤の除去にも最適です
ガラス用コンパウンド 1,100円        個   

施工手順

洗車 ガラス磨き ガラス表面を水洗いし、ガラス表面についた埃・汚れを綺麗に洗い流します。
ガラスコンパウンド磨き No.1研磨液を付属の硬質スポンジに適量取って、油膜や汚れによる水弾きがなくなるまでよく研磨します。
ガラスコンパウンドの洗い流し 研磨終了後、研磨液をガラス表面からしっかり洗い流します。
水切り・乾燥 ガラス表面についた水分を拭き取り、よく乾燥させます。
(低温時にはデフロスターでの補助乾燥が効果的) ガラス表面の外周エリアも忘れずに。ハンドワイパーなどを使用すると、作業が楽になります。
スキッとる塗りこみ 付属のカット綿に、No.2コーティング液を適量含ませ、ガラス表面全体にまんべんなく塗ります。塗った瞬間に化学反応でイオン結合するので、コーティング液は塗りこむ必要はありません。塗り残しがないようにして下さい。

塗り終わったら20分から30分ほど放置して乾燥させます
低温時にはドライヤーやデフロスターでの補助乾燥が効果的です。
車内掃除・ガラス掃除 この待ち時間の間に、内側のガラスをNo.3仕上げ剤で拭き取ります。タバコ等で汚れがひどいときは、一度濡れたタオルを固く絞ってからガラスを拭き、その後No.3仕上げ剤で拭き取って下さい。内側の汚れも乱反射等の原因にもなります。
外も内も綺麗にすることで、より一層クリアーな視界になります。
仕上げ拭き コーティング液がしっかり乾燥したら、最後にNo.3仕上げ剤を、綺麗なタオル・やわらかい布などに適量ふりかけ、ガラス表面を拭き取れば完了です。

作業終了後は手をよく洗ってください。

ご使用の注意

● 用途以外には使用しないで下さい。(塗装面、ゴム、プラスチックなど)
● 高温・低温・湿気や埃の多い環境では十分な効果が得られないことがあります。
●気温5℃以上から30℃以下の条件で作業を行って下さい。
● コーティング液は濡れているガラス面には使用しないで下さい。(イオン結合できません)
●アレルギー体質・過敏症の方はゴム手袋をし、液が直接肌に触れない様にして下さい。
● コーティング液・仕上げ剤は揮発性がありますので、使用する際には換気を十分に行って下さい。
表面に特殊加工されているガラスにはご使用になれません、輸入車の場合は特にご注意ください。