サイトマップ      トップ >洗車用品販売所 >洗車の方法  >プロ用洗車用品

洗車の方法 水垢落し

洗車前 洗車前 洗車前
画像はサムネイルになっています、クリックすると大きな画像が表示されます。

ゴッテリ貯めた3週間分の汚れ。
梅雨時期の雨が降ってピーカンになってを繰り返した3週間のダメージやいかに?
洗車前 水垢あり 洗車前 水垢が縞模様に 洗車前 水垢あり
水垢がスジスジです。
ハッチバックがシマウマ状態です。
オリジナル車体色、グレーになっています。
洗車前 鳥糞 洗車前 水垢あり 洗車前 水垢がごってり
サイドミラーの下の汚れは「鳥糞」です。

ボンネットも色が変ってますね。
洗車道具 スプレーノズル 洗車道具 アルミ脚立 洗車道具 ビールケース
洗車道具です。
水の噴射パターンが変るノズル。
ノズルの後ろの部分がクルクル回転するジョイント付き。ホースがよれなくて良いです。

ベンチになる脚立。
ワンボックスやランクルなどの背の高い車には必要です。
乗用車クラスの高さだと、ビールケースが使い勝手が良いです。

脚立もビールケースも、なるべく車に近づけて使います。
車から離して使うと、人が車体よりに立った時、その反力でビールケースや脚立の後方が浮き上がりボディ側に倒れて危ないからです。

洗車用品
NEW超濃縮強力カーシャンプー
スプレーボトルに70倍から100倍に薄めて作っておきます。
ボディに拭き付けながら使用します。
A2コンパウンド
研磨粒子は小さいですが「切れ」がありますので、このような作業に向きます。
S1コンパウンド
濃色車や磨き傷が気になる場合は、仕上げにA7コンパウンドを使用してください。
ホワイトクロス
普通はスポンジなどでコンパウンドを使用しますが、スポンジのすり傷が入ります、もちろんタオルなどは論外です。
スポンジクロス
水分の拭き取り用、軽く押さえて水分を吸い取れるのですり傷の防止になります。
洗車の方法 洗車の方法 水はルーフから
ルーフからシャワーをかけていきます。
勢いのある水流でなく、緩い水流で大量の水が基本です。
一通り水を掛けてから、鳥糞などの汚れには強いジェット水流をかけます。
洗車の方法 埃の除去 洗車の方法 水は大量に 洗車の方法 水は弱くから強くしていく
ボディサイドも同じです。
埃や汚れを緩い水流の大量の水で除去してから、汚れている部分に強いジェット水流をかけます。
洗車の方法 水を流しながら 洗車の方法 水を流しながらホワイトクロスで
ボディ上面から洗車していきます。
今回はあまりにも汚れがヒドイので、シャワーをかけながらホワイトクロスで汚れを落とします。
洗車の方法 シャンプーをスプレーする 洗車の方法 シャンプーをスプレー
浮いた汚れだけホワイトクロスで落としたら、シャンプーを吹き付けてホワイトクロスで洗っていきます。
洗車の方法 シャンプーを洗い流す ホワイトクロスの汚れを落とす
シャンプーで洗い終わったら、すぐにシャワーをかけながらシャンプー分を洗い流していきます。
ホワイトクロスが汚れたら、水を掛けながら手でもみ洗いをしてください。
洗車の方法 フロントガラスを洗う 洗車の方法 ボンネットを洗う 洗車の方法 水分を乾かさない
ルーフの次はガラスを洗って、ボンネットに移ります。

ルーフの水分が乾かないように時々水を掛けてください。
洗車の方法 ガラスもシャンプー 洗車の方法 ガラスの隙間を洗う
ガラスの隙間の汚れも水流で追い出します。
ガラス面もシャンプーで洗います。
洗車の方法 水をかけながら 洗車の方法 水分を乾かさない
ボディサイドやハッチバックなどは上面に較べて汚れが着きづらいですから、シャンプーをかけてホワイトクロスで洗っていきます。

ルーフにも時々水を掛けて乾かないように注意してください。
洗車の方法 フロントグリルの洗車 洗車の方法 シャンプーを洗い流す
フロント部分から腰下を洗っていきます。
シャンプーを吹き付けて、ホワイトクロスで洗ったら、そのままシャワーをかけシャンプーを洗い流していきます。
洗車の方法 サイドパネルの洗車 洗車の方法 腰下の洗車
ボディサイドも同じです。
ボディサイドの腰下から、リアのバンパーの下側に回って、終わりです。
洗車の方法 水分の拭き取り 洗車の方法 すばやく落とす 洗車の方法 水を切るように
水気の拭き取りです。
ゴシゴシこすらずに、素早くシュっと水気を切って落としていきます。
洗車の方法 こすらずに押さえて水分をとる 洗車の方法 洗車傷をつけないように
残った水分は軽く押さえてスポンジクロスに吸い込ませます。
ボディサイドも同じです。
書き忘れましたが、ホイールは一番最初に洗ってください。洗車の方法参照
洗車の方法 染み 洗車の方法 虫のあと 洗車の方法 虫の死骸 洗車の方法 鳥糞あと

ライトの下に染み。
サイドミラーに大量の虫の痕
赤い矢印の部分に「鳥糞」の染み
水垢はそれほど目立たないです、十分にキレイな状態ですね。

洗車の方法 水垢落し 洗車の方法 A2コンパウンドで水垢落し
A2コンパウンドを使用して、ホワイトクロスで洗っていきます。
ホワイトクロスには水をタップリと含ませてあります。

コンパウンドで水垢を落とすと・・・傷だらけ?
洗車の方法 汚れの除去 洗車の方法 黒い水 洗車の方法 水垢の汚れ
結構黒い水が出ますねぇ。

下の写真が水垢を取った後です。

洗車の方法 助手席側の水垢 洗車の方法 水垢が落ちた 洗車の方法 フロント周り 洗車の方法 フォグランプ
洗車の方法 サイドミラーの虫のあと
肉眼で見ると、助手席側が少し白く見えます。
フォグランプの周りが特にキレイになりましたね。
サイドミラーに付いた虫の跡もキレイに落ちました。
手で触った時の手触りが、スベスベしてます。
洗車の方法 水垢が落ちた部分と残っている部分 洗車の方法 水垢が落ちた部分と残っている部分 洗車の方法 水垢が落ちた部分と残っている部分 洗車の方法 水垢が落ちた部分と残っている部分
洗車の方法 水垢の境界線 洗車の方法 水垢の境界線
わかりずらいですねぇ。
赤い矢印の部分に、水垢が取れた所と、残っている所の境目があります。
光の加減で肉眼では見えるのですが・・・
洗車の方法 水垢落し編は「洗車の方法」の補足として作成しました。
洗車の方法を読まれてからの方がわかりやすいと思います。

写真を撮りやすいように、昼間の太陽が出ている時間帯に洗車してますが、朝か夕方の涼しい時間帯に洗車しないと「染み、そばかす」の原因になります。

暑い盛りに洗車したので、写真を撮るたびに染みが付かないように拭き上げて、死にそうな作業になりました。
よいこの皆さんは真似しないでね。(笑)


洗車の方法
 水垢落し編で使用した用品

洗車専用 ホワイトクロス
洗車専用の化粧パフのような柔らかいクロスです。
洗車傷がつきずらい、特殊なスポンジです。
ホワイトクロス 900円
 
洗車後の水分の拭き取り スポンジクロス
洗車後の水分の拭き取り用クロスです。
水分を切って落として、残った水滴を押さえて吸い込みます。 ゴシゴシこするのが洗車傷の原因です。
スポンジクロス10,00円
     
超微粒子コンパウンド A1 
超微粒子の中では最大の研磨粒子のコンパウンドです。
粒子の形状が丸いため、線傷を削らずに角を適度に丸め、線傷を見えなくする能力が高いコンパウンドです。

A1コンパウンド 1,100円

A1コンパウンド 500cc入り 2,310円

超微粒子コンパウンド A2
研磨粒子は小さいですが、角が立っているため研磨能力が大きく、研磨粒子が小さいため研磨傷はひじょうに浅く目立ちにくい磨き傷になります。
手磨きでの、虫がぶつかった跡の染み取りや水垢のたれた跡の補修など汎用性に富みます。

A2コンパウンド 1,100円

A2コンパウンド 500cc入り 2,310円
     
超微粒子コンパウンド 最終仕上げ用S1 最終仕上げ用のコンパウンドです。
前行程のバフ目を消しながら、仕上げができます。
油分が乾かないタイプのコンパウンドですので、仕上げバフの傷も残りずらい最高のコンパウンドです。
S1コンパウンド200cc 2,500円
     
K001セット
コンパウンドのセットです。
K001コンパウンドセット 4,300円
      個<
超強力カーシャンプー
超濃縮強力カーシャンプー
強力カーシャンプーが新製品になりました。  一段と洗浄力がアップしました。
濃度が濃い場合は、脱脂剤としてエンジンルームの油分落しにも使用できます。洗車の必需品です。

強力カーシャンプー500cc 650円
     
強力カーシャンプー1000cc1,100円
     
シリコンオフ ピッチ・タール除去用
メンテナンスの必需品、シリコンオフです。   ピッチ・タールやワックス等の油分落としに。
静電防止剤が配合させていますので、バンパーなどの樹脂にも使用できます。
一般の脱脂剤と違い、使用後埃が付きにくくなります。
シリコンオフ1000cc 1,400円
   
ネルウエス
ネルウエスは使っているうちに糸がほつれてきます、品質の良いネルウエスの4面を糸でかがりました。
ネルウエス3枚1セット 350円