>サイトマップ  > トップ   > プロ用洗車用品販売    > 洗車用品販売所  > カーケア メンテナンス 

シリカコーティング剤 Si-6 皮膜テスト


シリカコーティング剤 Si-6
の皮膜テスト
コーティング皮膜の熱に対する強さと、皮膜の強度、汚れの付着性などの総合テストです。

半自動溶接機のトーチの中とトーチ外面にSi-6を塗布しています。
塗布後約6ヶ月です。(その間使用しています)

半自動溶接機   トーチの中から鉄の棒が出てきます。
炭酸ガス溶接機
その鉄の棒がスパークして溶けて母材にくっつきます。
バチバチバチバチっとMIG溶接機 バチバチバチバチっと溶接。
火の粉(鉄の粉の燃えた物)が当たり一面に飛び散ります。

この溶接は、皮の手袋と溶接面を使用しないと熱くて火傷してしまいます。
高温で焼きつきます 周りに飛び散るだけでなく、当然トーチの中にも飛び込んできます。

トーチの中は鉄の粉だらけになります。
トーチの中も鉄の粉がが付いてます 高温の鉄の粉が付着して冷えて固まります。
吹き戻しが凄いです トーチ外周は、新品の時はメッキがあるので比較的付着しづらいのですが、使用しているうちに熱と鉄粉でメッキが剥がれてきます。
ごってり鉄粉が こうななってくると取れません

鉄の粉を溶接しているようなものですからね。
タオルで軽くこすってやると タオルで軽くこすってやると
きれいにとれた ポロッと鉄の粉の塊がとれます。
きれいなもんだね 簡単に鉄の塊が落ちます。
中の吹き戻しも 中の銅のガイド部分も、鉄の塊がポロッと取れます。

高温で焼きついているはずの鉄の粉の塊が全く残りません。
ポロッとはがれます。

タオルでこすると、ポロッととれる 鉄の溶融温度は1500度以上ですから、鉄の粉も1000度は超えているはずです。
それが至近距離で大量に飛び散っても付着しない。

これでシリカコーティング剤 Si-6の皮膜テスト、熱に対する強さと皮膜強度、耐久性などが実証されたと思います。

今回のテスト環境は、、アルミホイールにブレーキダストが付く状態を想定しています。
Si-6の保護能力は強力ですので、ホイールの汚れにお困りの方は、ぜひホイールにも塗布してください。

>サイトマップ  > トップ   > プロ用洗車用品販売    > 洗車用品販売所  > カーケア メンテナンス