サイトマップ      トップ > セロー225 3RW1 > XCR115 

ワイドステップやエンジンの割れ修正
フレームやキャリヤなどの修理、修正、改造
溶接や機械加工いたします


お問い合わせ
FAX 0296-48-3189
メール mail@cp-j.com


溶接が出来なくて困っている方が多いようですので、溶接の一品物加工や修理・改造などをおうけします。
仕上がりには気をつけておりますが

ノークレーム・ノーリターンで お願いします。

なるべく安く、喜んで頂けるように気をつけますが、お互いの意思の疎通不足による

勘違い

は、ありえます。

機械の製作の依頼を受ける時には、その点をよく確認いたしますが、プロ同士の話でも勘違いや思い違いはよくあることです。
ましてや、ネットでの依頼で時間をかけて煮詰めるわけではございませんので、ご了承ください。

また、機械屋としての時給より破格に安く加工するつもりです。
あくまで、私個人の趣味の範疇で加工いたします。
弊社に来られましてもお打ち合わせはいたしません。

加工品に対しては、一切のクレームをお受けしません。
ご理解いただけた方だけご注文ください。



本業がステンレスの加工屋ですので、基本的にはステンレスを使用します。
溶接は強度が必要な場合はMIG溶接(炭酸ガス溶接・半自動とも呼ばれる)で盛り上げて強度を出します。
溶かし込む溶棒は鉄になります。

ステンレスを指定していただければ、溶棒をステンレスにしますが、鉄の材料には鉄の溶棒の方が強度が出ます。
逆に、ステンレスの材料にはステンレスの溶棒の方が強度が出ますので、ご指定ください。


鉄の2mmで製作すれば、柔らかくて作りやすいのですが、あえてステンレス(SUS304)の3mmを使用するようにしています。



A) 標準ワイドステップ加工

写真はCR80のステップです。

ワイドステップ基本寸法 横幅

ワイドステップ基本寸法 縦長さ


幅 約35mm 長さ 約70mmです。


ワイドステップ基本寸法 横幅

ワイドステップ基本寸法 縦長さ

幅 約35mm 長さ 約70mmにワイドステップ化したセローのステップです。

基準はこの 幅 約35mm 長さ 約70mm で製作いたします。

治具を製作して長さを決めているわけではなく、一品製作の現物合わせですので数ミリの誤差は出ます。

ワイドステップ完成図


ほとんどの加工は ステンレス(sus304)でおこないます。
鉄やアルミに比べて強度は抜群にあります。
ただし、加工しずらいので一般の加工屋は嫌がります。
弊社はステンレスの加工が専門ですので、ステンレスを使用します。

sus304をMIG溶接で付けています。
10年以上使用しておりますが、壊れる事もなく使っています。



ワイドステップ製作用マーク


上の画像をご覧ください。
溶接する側がわかるように x を書いています。
フレームからばらして部品にすると、前後を勘違いしやすいのでマークを書いています。


ワイドステップ製作MIG溶接の盛り上げ

ワイドステップ製作時の変形量

一番下の写真を見てください。
若干、新しく継ぎ足した部分が元の部分と比べて平行が出ていません。
これくらいの誤差はご勘弁ください。



ご注文方法

ステップ単体をお送りください。
ワイドステップに加工する側に x で印を付けてください。
印がない場合は加工ができませんので返送いたします。
往復の送料が勿体無いですから、気をつけてください。


納期は約10日みてください。

ワイドステップ製作時の注意


A) 標準ワイドステップ加工  左右 1セット 4500円
 未塗装渡し 納期は約10日です。


  個   


B) 特注ワイドステップ加工  左右 1セット 

キックペダルの部分を逃がす加工や、標準ではない大きさにステップを加工します。
形状については、加工が不可能な場合もあります。
加工難度によって追金が生じる場合にはご連絡いたします。

6000〜加工難易度によって  未塗装渡し 納期は約20日です。



お客様からの特注要望で製作した例です。
指示書を頂けましたので、作業はスムーズでした。


ワイドステップ製作用指示書


絵を書いていただけると理解しやすく、ひじょうに助かります。

BMW R100GSのワイドステップ


ご依頼いただいたステップが、BMWのオールステンレス製のものだったので、溶棒もSUS304を使いTIG(アルゴン)溶接で仕上げてあります。


BMW R100GSのワイドステップ ワンオフ製作


ステンレスの厚み3mmの材料で作っていますので、非常に頑丈です。


  個   



こんな加工もいたします。


オートバイやフレームを弊社に持ち込んでの加工です。





フーレムを切って補強を入れてキックペダルが下がるようにする加工。
価格はご相談。 



おおよその加工費です。

取り外し取り付けは、価格に含まれていません。
一般的な加工です。
特殊な加工は別です。


スタンドの補強

スタンドが曲がるのを防ぐ


スタンドの補強です。
端材でよければ1000〜2000円くらい
アルミや大きな材料から切り出す場合でも、5000円はしないでしょう。


点火コイル レギュレーター取り付けステー


点火コイル レギュレーター取り付けステー


点火コイルの取り付けステー兼 ガソリンタンクの取り付けステー
SUS304製 1000〜2000円くらい


スタンドの跳ね上げ角度改造


スタンドの跳ね上げ角度改造


スタンドの取り付けプレートを切り欠いてスタンドを上にあげる。
取り付け、取り外しをしてくれれば 1000円くらい。


アンダーガード製作 アルミ ステンレス


2mmのアルミ製アンダーガード。
取り付け方と形状で大きく値段が変わります。
これは取り付ける金具もアルミの削りだしで作ってあるので高いです。


レギュートレクチファイヤ 取り付け台製作


点火コイル レギュレーター取り付けステー


レギュートレクチファイヤをシート下に固定する金具。
SUS304製。
2000〜5000円
形状により製作の難易度が違うので。


点火コイル レギュレーター取り付けステー


シート下に入れたらエアークリーナーの容量が足りなくなったので、レギュートレクチファイヤをフロントに移した。
SUS304製。
2000〜5000円


ウィンカーリレー オイルクーラー 取り付けステー


ウィンカーリレーの止め金具。



ウィンカーリレー オイルクーラー 取り付けステー


SUS304製。
2000〜5000円

電装品の止め金具やタンクの止め金具。
キャリヤやマフラーの止め金具などは、車両によって製作の難易度に差があるので一概に言えません。
おおむね1000〜10000円でしょう。


バックミラー 取り付け台製作


バックミラーの止め金具。
ブレーキキャリパーの止めネジに共締めしています。
この形状で2000円。
取り付けネジの逃がしに製作時間がかかります。
SUS304の3mmの板で作っています。

L型に曲がっている先端にミラーが付いているので、振動で後ろが見えにくいです。
振動でびびらなくすると、ブレーキキャリパーが壊れそうなのでこれで使用しています。


リヤブレーキの改造



リヤブレーキの改造 製作

リヤブレーキの曲がりを10mm上にあげて、10mm前に出す。
塗装は無しで(色が色々あるから対応し切れません)
鉄のブレーキレバーに SUS304の3mmの板を足しています。
2000〜5000円


クランクケース エンジン 割れ 修理 アルミ溶接

割れたクランクケースの補修。
TIG溶接でアルミのひびや割れを補修します。

圧力をかけてオイル漏れのテストするわけではありませんので、補修後オイルが漏る可能性もございます。
あくまで目視で割れやひびを塞ぎます。
溶接トーチが入らない部分は溶接が出来ません。
ご了承ください。

折れたアルミステップなども補修は出来ます。
強度的には責任はもてません。
アルミの溶接で強度を確保するのはひじょうに難しいからです。
ご理解いただけた方だけご注文をお受けします。

画像のクランクケースの補修で2000〜5000円くらい。

サイトマップ      トップ過去ログ