サイトマップ      トップ洗車用品販売所科学するプロ用洗車用品

コーティング剤に求めるもの


理想のコーティング剤は?
無色透明で艶がなく、薄く、光を屈折せることなく、あらゆる物質に犯される事なく、硬く、又、弾性があり、そして何らかの方法で塗装を傷つけることなく、除去できる事。

何故?

無色透明で艶がなく、薄く・・・
研磨した塗装の色、艶がコーティング剤の艶で落ちてしまうから。
表面のコーティング剤の艶で、光が反射されて塗装の深い艶が見えずらいから。
コーティング剤が厚い場合も、光がとんだ状態(光が反射されて塗装の色が見えずらい)に感じる。  光が屈折しても同じ。

あらゆる物質に犯される事なく・・・
酸性雨、樹液、各種溶剤、から塗膜をガッチリガード、頼もしいね。

硬く、又、弾性があり・・・
これは傷つく事なく、と言うことだけれども、硬いだけじゃだめ、ダイヤモンドでも傷つくのだから。
皮膜に弾性があって、へこんでも元に戻れば傷にならない・・・トヨタのスーパーハードコート(耐擦り傷性クリヤー)の発展型だね。

何らかの方法で塗装を傷つけることなく、除去できる事!
この性能で、はがす必要性があるのか?
でも除去できないのであれば、それは塗装と、どこが違う?

これは・・・まずいぞ・・・と思うコーティング剤は?硬度が5H以上あり、艶があり、溶剤に強く(シリコンオフ等)浸透するもの。
車を飾っとくにはいいけどねぇ。
5H以上の硬度があると、磨き傷が消せません。
普通に考えると硬度があれば、分子構造が密(ギッチリ詰まっている)だろうから、艶は出ますよ、オリジナルの塗装の艶と大きく変わるわけですよね。

板金塗装をした時、どうやっても色、艶が合わないでしょう!

浸透してれば、表面だけを除去しても仕方ないし。
ドア一枚をきっちり、ぼかしなしで色を吹いて(色合わせは山勘で)塗装と艶が違うだろうから、コーティング剤を塗り直して・・・
ツートンカラーのできあがりです。


塗装のように塗布すると剥がれない製品は、コーティング剤ではありません。
磨いて落とせない、もしくは荒いコンパウンドを使用しないと落とせない。
表面の硬化幕だけ削る事ができませんから、塗装に大ダメージを与えるでしょう。

したがって板金をしたときに色合わせができません。

シリコンオフのような溶剤や、軽い研磨で塗装上から除去できるものがコーティング剤です。
ご使用時に、あとあとトラブルになりますので、よくお考えください。


現在ジャパンでは、フッ素系のコーティング剤と、ガラス系のSi-6を併用しています。
フッ素系のコーティング剤は柔らかい塗装の車に使用しています。

メンテナンスが楽なので、Si-6を使用する割合が増えてきました。

Si-6使用レポート

シリカコーティング剤 Si-6

サイトマップ
      トップ洗車用品販売所科学するプロ用洗車用品