サイトマップ      トップ >過去ログ

洗車屋の馬鹿話

05 1月


あけましておめでとうございます。
今年も”車を磨くを科学する”を宜しくお願いいたします。

お休み中に、ハウルの動く城、観てきました。
キムタクに演技力のかけらも無いので、CMでもハウルの声の出ている映像は使われなかっただとか、人物の輪郭線が太くて背景から浮いている!などなど、前評判はボロクソでしたが・・・

いやいや、面白かったです。
ハウルの声も違和感は感じませんでしたし、輪郭線の太さも変ではありませんでした。
いや〜〜、面白かった。90点!!
 
                   05  1/6


むちゃくちゃニッチなお話しですが・・・
MIG溶接をしていると、トーチの先端にスパッタがついて集中性が悪くなりますよね。
水ガラスをトーチの先端に塗って防いでいたのですが、フッ素系のガラスコーティング剤を塗ると良いですねぇ〜
ほとんどスパッタがつかなくなって、バチバチ溶接ができます。
お困りの方、お試しあれ。

 
                   05  1/7

Mモーションポリッシャーが壊れた(泣)
もの凄いトルクで、分間2500も反転しながら全体が回転するもんだからローラーベアリング粉砕!
しかも軸の上部と中部の2箇所。

まぁ・・・わざと壊れる場所として作ってはあるんですけどね。
全体のギアシステムが壊れると大変だから、一番整備性のいい場所がへたる設計にしたんです。

10年以上このポリッシャーを整備して使い続けているけど、そろそろ新規製作しようかな?
1台40万ほどになるけど、需要はありますかね?
めったに新規製作するもんじゃないから、やるなら台数揃えて製作したいんだけど。
欲しい人います?
 
                   05  1/8


ジャパンのお客様で、10年以上同じ車を磨きに出されている方がいらっしゃいます。
一台は平行輸入車、赤で柔らかい塗装です。
もう20回近く磨いています。

とにかく塗装が柔らかいにので、最初の磨きから塗装が若干固くなるようなコーティング剤を使用しています。
これだけ磨き続けると、お手入れが楽。
染みもつかないし水垢もつかない・・・付きづらいんだろうけど。

ずっと磨き続けていたお車から、新しく別の車に乗り換えられると「あ〜手入れがめんどくさい(怒)」と、言われます。
そこでめげて、メンテナンスをやめてしまう方もいらっしゃいます。

もっとコーティング剤が進化して、最初からメンテナンスが楽になればよいのですが。

・・・船舶用の塗料で、水に塗れない塗料があるそうで・・・なんでも水が船体に直接つかないので抵抗が大幅に減り、燃費が倍になるそうな。
そんな塗料が車用にできればいいなぁ。

                   05  1/10

茨城の水道水はまるで温泉です。
とくにガラスに輪染みを作りやすく、黒いガラスだと目立ってしょうがありません。

対処法としては、洗車のさいにガラスに水分を残さない。
普段の手入れはアルコール(エタノールかIPA)を使用する。
スキッとるのメンテナンスにもアルコールが非常に相性が良いようで、綺麗な状態を保てます。

つい先日、車屋さんからHELP電話がきました。
ガラスの染みが凄いのだが落ちないそうです。
セダンのフロントガラス以外にびっちりと染みがついています。
酸を使って30分ほどで作業を終えると、ガラスにこすり傷がざっくり・・・・
どうやら染みが落ちないので何かでひっかいたみたい。

・・・・もったいないことしちゃったね。
残念。
                   05  1/11


青色発光ダイオードの裁判、判決が出ましたねぇ。8億5000万ですか・・・
私もサラリーマン時代に実用新案(機械の構造で)出して1万円貰ったなぁ(笑)

独立して自分で特許を幾つかとって思うことは・・・・個人じゃきつい!
資金的にも当然きついけど、加工機がないとか、スタッフがいないとか・・・・大変。

あの人(先生ね)も個人で研究していては特許を取れなかったと思う。
サラリーマンの安定した生活をしながら、優秀ななスタッフに囲まれて取った特許で8億5000万ですか・・・
どうも腑に落ちないな。

『青色発光ダイオード 日亜化学と若い技術者たちが創った』と言う本で内部事情が書かれているそうなので、読んでみるかな。
                   05  1/12

日本の借金時計だそうです。
http://www.takarabe-hrj.co.jp/takarabe/clock/index.htm
みるみるうちに一億の借金が増えていきます・・・
一億増えるのに2分もかからないな。

700兆円の借金大国が、スマトラ沖地震による津波被害の支援金を出すそうです。
(1)日本 2億5000万ドル
(2)英国 7400万ドル
(3)ドイツ 6800万ドル
(4)ノルウェー 6500万ドル
(5)欧州連合 6100万ドル
(6)米国 3500万ドル

支援金を出すのはいいよ、困ってる人がいてそれを助けるんだから。
でもね・・・・二位のイギリスを抜いてぶっちぎりの支援額じゃない。
ヤフーニュースによると、国連の要請に応じて今後半年間に出すと支援国側が約束した金額の3分の1を日本が出してるんだって。

新潟の地震で家を失った人たちで、おじいちゃんやおばあちゃんは家を再興することもできなくてこれからどうしようか困ってるわけじゃない。
阪神淡路大震災で家が潰れて、借金をして家を建て直したけど払えなくて差し押さえになっている問題もあるし。
外面良すぎない?

もっと自国民のために頑張れ・・・あ〜ぁ、今回もぼやきになっちゃった。
                   05  1/13


サバンナRX-3、友人の乗っていたサバンナかっこよかったです。
オーバーフェンダーを打ち出して、リアから見ると911ポルシェみたい。
あのちっこい車に4人乗ってよく遊びにいったものです。

FC(RX-7)好きです、もともと2ストバイク乗りでしたから、あのトルクの無さと(笑)回転の上昇の速さが2スト的で相性がいいみたいです。

FD(RX-7)最初に乗ったとき、感動しました。
FCのノーマルだと耕運機のような頭打ちの早いエンジンが、チューニングエンジンのように回っていく・・・もっとも、最初に乗ったのがチューニングカーショウに出すチューニングカーだったのですが(笑)
でもまぁ大して弄ってないのに面白い車でした。
乗ったときの第一印象が「棺おけ」
タイト・・・だな、狭いわけではない・・・

暫くして、カプチーノ発売。
これこそ棺おけです、FDが広く感じる。
横にざーーっと滑って、ポテチンとぶつけると死んじゃうなーと思って運転したのを思い出します。(笑)
つい最近、新車コンデションのカプチーノに乗りました。
乗り込むときに左足がつってしまい・・・あははは。
クラッチが踏めなくて困ってしまいました。
おっちゃんは体が固くなってるから、もう乗れないんですね。(泣)

                   05  1/14


テレあほサービス

あほたれ「ヤフーの代理店ですがぁ〜〜ホームページ作りませんか?」

わんわん「はい?もう作ってますが」

あほたれ「じゃぁ更新しましょう」

わんわん「毎日更新してますが(怒)」

あほたれ「・・・・・・・」

何度断っても別の会社がかけてくる。
ヤフーには電話問い合わせのサービス窓口はないし、あっても関係ないというだろうし、困ったもんだ。


テレあほサービス2

あほたれ「日本テレコムの代理店ですが〜〜」

わんわん「本社からの通達で、ここには電話するなと言われなかったか(怒)」

あほたれ「・・・・・・」

ここの会社は酷すぎ、「電話代が安くなります!」
今より安く出来るか〜〜!!っと。
「二度と電話かけてくるなと」何度断っても入れ替わり立ち代り別の代理店がかけてくる。

あんまり頭にきたから、日本テレコムに電話して「全ての代理店に通達を出せ」と言ってあるのにまだかけてくる。
アポイメントサービスじゃなくて、ただの嫌がらせ。
よくこんな状態を放置しておくよな、悪評しか立たないだろうに。
                   05  1/15


テレあほサービス3

あほたれ「NTTの代理店ですがぁ〜〜電話代安くしませんか?」

わんわん「はい?何度かけてくるなと言ってもかけてくるんで電話番号教えて。」

あほたれ「いきなり電話番号教えてですか(怒)」

わんわん「そうだ、二度とかけてこないように抗議するから」

あほたれ「XXXXXXXです」
ガチャン、切りやがった。
これからあと暫くの間、無言電話がかかってくるようになった・・・あほもいいとこ_| ̄|○

NTTの代理店ですぅ〜〜も何度断っても入れ替わり立ち代り別の代理店がかけてくる。
NTTのサービス窓口に電話番号を言っても「NTTの代理店ではないからどうしようもない」で終わり。
自社の名前かたられてるんだから、もっと真面目に取り組まない?

業者に告ぐ!
テレあほサービスで顧客が獲得できると考えるよりも、敵を作る方が多いのだからいいかげん考えろよ(怒)

                   05  1/16


なにを隠そう、メカフェチです。(笑)
20歳の頃、上野博物館にある”桜花”に惚れました。
みごとな造形美です。
生まれは”人間爆弾ロケット”なんてはちゃめちゃなですが、その華奢で繊細なフォルムは見飽きません。

削ぎ落とせる物は全て削り取り、必要にして最小限の機能美です。
後端のスパッと斬った切り口から見える、ジェット噴射用のノズルも見惚れてしまいます。

レーシングマシンなどもフェチ心をくすぐります。
ホンダの楕円ピストンに8バルブ、カムギアトレーン等もフェチ心をくすぐるのですが、もう一つなんです。
人が作った気がしない、工作機械が凄いんだろ?と(笑)

レーシングマシンでナンバー1は”RC166”
ホンダが1960年後半に作った、250cc6気筒、60PS以上出ていた化け物です。
6本マフラーの凄い奴!(吉村のじっちゃんがまだ集合管作ってなかったから)
数年前、筑波サーキットで実走行しました。

凄かったです。。。。。感動!
アクセルを開けて・・・おそらく一万回転以上で音が綺麗に調和されます。
そこからコーナーに入るのにアクセルを閉じると・・・・バッカァァァァーーーーンンンン、バリバリバリバリ。
雷が落ちたかのような大音響です。
惜しむらくは、好調だと言っていたエンジンが一周で不調になりリタイヤした事です。
もっと聞いていたかった・・・キャブがなぁ・・・古いキャブは神経質だからなぁ、残念。

                   05  1/17


レストアしている方からパーツの新規製作、修理を頼まれる事があります。
古いキャブレターを新規製作して欲しいとか・・・
特殊なギアを単品で製作して欲しい・・・
全て可能です。

しかし、大量生産品とワンオフ品の価格の違いに驚かれるようです。
10万個作れば設計費50万、型代が100万円でも一個あたり15円ですみます。
しかし一個しか作らなければ、耐久性の無い柔らかい材料で型を作っても設計費込みで100万を割る事が無いでしょう。
無垢材から削り出しのほうが安いです・・これはこれで難しい問題がありますけど。

先日もギアを一つ製作依頼にみえたのですが、マイタギアでモジュール0.5の樹脂ギアでした。
ギアの中を軸が通る構造で、軸の抜き加工も難しく、10万以上かかるよと言うと考え込んでいます。
オリジナルを優先するか、現在の技術で新しい物を作るかが判断の分かれ目ですね。

注意!
ジャパンは磨き屋です(笑)

                   05  1/18


今の技術で行けばオートバイのハイブリットも簡単ですよね。
オフロードバイクのフロントホイルにモーター入れるとスタックしずらくなっていいんだがなぁ。
時速20キロ以下でフロントホイルの駆動ON。
これで筑波山のどうしても登れないヒルクライムも・・(笑)
バイクメーカーさんお願いします。m(_ _)m

                   05  1/19


久々のお休みです。
上野に買出しに行ってきます。
お茶と海苔、ポッサムキムチ、これが美味い!
昇竜のでっかい餃子!これも美味い!
うぅぅぅぅ食い物しかないのか?(笑)


昨日、「車を磨くを科学する」リニューアルしました。
トップページが寂しいですね。
なにか画像を考えています・・・何がいいですかね?

                   05  1/20



                       点検・整備時のご注意

◎このお車のボディには、鏡面研磨及び特殊コーティングが施されています。
点検・整備時には衣類などの擦れによる傷等にご注意ください。

また洗車なさる場合は、あらかじめお客様の承諾を得てから洗車されることをお勧めいたします。
万一、お客様以外の方が洗車される場合、くれぐれも当社指定の洗車グッズ以外はご使用にならないで下さい。

                       
                        ☆☆☆☆☆☆

◎お車の取り扱いを事前にお知らせしたにもかかわらず、万一トラブルが発生して補修が必要とされる場合は、その補修作業にかかる費用等をご負担していただく事がございますので、予めご了承ください。



※トラブル発生時には、速やかに当社までご連絡くださいますよう宜しくお願いいたします。
                   



ジャパンからお客様のお車を整備などに出す場合、この紙をフロントガラスの内側、一番目立つ場所に張り付けておきます。
車検・整備になどに出す場合は、印刷してお使いください。

                         05  1/21


某フィルムメーカー、ガラスに貼るフィルムを2部門で作っています。
一つは「接着剤事業部」もうひとつは「フィルム事業部」
接着剤の方で作っているのが「顔料タイプ」
量販店で個人向けに販売されている物ですね。

200mロールで買うと、1mうにゃ百円。(笑)
随分昔に聞いた話では、世界中で一番売れている色は「オレンジ」
日本国内では、販売量は皆無に近いらしい。

「どうだジャパンで売らないか?」と、某社より打診
「あはは、東南アジアの派手なタクシーみたいで、売れんでしょ!」
売れんだろうなぁ〜〜

先日、知人のフィルム施工店に聞いたら、このところフィルム施工の仕事が激減しているそうで。
運転席・助手席のフィルム施工の取締りが厳しくなった事と、メーカーでガラスに色をつけているのが普通になったのが効いたんだろうね。
10年前は、フィルム施工儲かったんだけどね。

                         05  1/22


商売は難しい・・・つくづく思う。
下妻にある某四川料理店、美味しくてよく行くんだけど、お客さんの入りがもう一つ。
近所のラーメン屋さんのほうがお客さんが多い。

おそらく店構えが入りづらいのと、100〜150円値段が高く思えるのが原因かな。
お店としては「中華料理」を安く食べさせてくれるし、美味しいんだけど・・・・・お昼時のサラリーマンには嫌われるみたいだね。
ほんと、もったいない。

中華の一流店で修行した知人が、埼玉でラーメン屋を始めて・・・
開店当初は美味いラーメンを出していたのに、徐々に味が濃くなってしまった。
理由を聞くと、土地柄、味が濃いらしい。
地元の味にしたんだね。

そのうちどんどん味が悪くなり、値段が下がり、セットメニューが増えてきて・・・閉店。
近所にライバル店が増えて、おにぎりサービスだとか値下げ競争とか始めて巻き込まれちゃったんだね。
彼のおかげで、あんかけを食べられるようになった私としては彼の腕がもったいなくて。

海老のチリソースにネギをいっぱい入れるのが彼流だったんだけど、北京ダックやフカヒレを安く食べさせる店に方向転換したほうが良かったのかなぁ・・・
近隣の店が真似できないから、値下げ合戦にも巻き込まれずにすんだのかなぁ。
地元の味にせず、自分の味を押し通せば良かったのかなぁ・・・と考えてしまう事があります。

良い物が売れるわけではない、売れる物が良い物だ!って言い方がありますけど、真理かもしれない・・・・

                        05  1/23

良い物が売れるわけではない、売れる物が良い物だ!って言い方がありますけど、真理かもしれない・・・・パート2

そんなに凄いコーティング剤なら、メーカーが新車で採用するよ!
そんなに凄い技術なら、メーカーが採用するよ!
よく耳にしますよね。
半分正解、半分不正解。(笑)

メーカーはどんな凄い技術でも、適正な利益が出ないと手を出さないし、付加価値部分については宣伝効果の大きいものしか採用しない。
基礎技術については、ライバルに遅れをとるとまずいから金をかけますけどね。

塗装表面の技術については、最小の投資で最大の効果が得られなければ手を出さないでしょう。
採用する技術が適正であるかよりも優先される事柄です。
           ↑ふか〜〜い言葉です、思い当たるふしがゴロゴロありませんか?(笑)

工業製品を見るとき、その技術が本当に必要な技術なのか、はたまた宣伝に必要なまやかしなのか・・・よく見極めてご購入ください。

訳のわかんない宣伝文句の多い事・・・・・

                         05  1/24


新技術、旧技術、どちらを採用する?
現場の技術屋は枯れた技術、旧技術を選択します。
トラブルが出ても今までの経験があるので対処しやすいですし、事前にトラブルの芽を潰しておく事も出来ます。

一見して新しい技術に見えても、ベースが古い技術であったり、古い技術の発展の場合は比較的安心して採用できます。
一つの技術を10年使い続ければ問題点も浮き彫りになりますし、その技術に間違いがあれば淘汰されて消えていきます。

全く新しい技術、プラズマテレビより、この後に出るブラウン管型の超薄型テレビの方がなんとなく安心できるようなものでしょうか。
コーティング剤やコンパウンドにも同じ事が言えて、枯れた技術の方が好きですね。
目先を変えた新しい技術の必要性をあまり感じないのですが・・・・そこはそれ(笑) 目先を変え続けないと売れない定めでしょうか。

・・・・随分と人と違った事をしてきて、新技術、新発想を生み出してきたにしては・・・・他人の技術には自分でもビックリな保守派ですな。(笑)

                         05  1/25


ガラスのウロコ取り、テストの連続です。
ジルコニア0.5ミクロンをベースにすると、深い染みは取れないのですが恐ろしく透明度が上がります。
セリウムとは透明度が明らかに違います。

販売するとなると、高くなっちゃうので難しいですね。
原材料の購入単位が2キロが最低単位ですので、う〜ん万円也!チャリンチャリン。
なんとかしたいですね。

現在、金剛砂の3ミクロンと5ミクロンのテストを続けているのですが・・・切れね〜〜〜〜
市販のガラス研磨剤くらいの切削力です・・・・・粘性をあげてみようかな。
良いじゃないかとも思うのですが、やっぱりね、ガサガサ切れてくれないと。(笑)

あとはあれしかないか・・・・あれですよあれ。(笑)
染みが一発で落ちるし、なにより簡単だからなぁ。
プロ用で出すかなぁ。。。。

                         05  1/26


子供の頃「排気脈動効果」なんて言い出した人がいまして・・・
ご存知「吉村秀雄」さま、大先生であらせまする。

それまでエンジンの気等数分だけマフラーが出ていたのに、マフラーを束ねると「排気効率」が良くなって「イエィだぜベーべェ」な状態になると唱えられました。
(車の場合は適当に排気管を繋いでいる状態で・・・まっ、取り回しの効率優先ですな。
等長管の考えもなかったし、排気の順番と言う考えもなかった時代です。)
雑誌(おそらくオトーバイ誌)に、唇をとんがらせて軍手から煙をあげながら「ヨシムラ手曲げ集合管」を曲げておられる神々しいお姿が載っておりました。

そこで理論派な小僧は原付バイクのマフラーを外してみましたとさ。
遅い遅い アクセル開けても前に出て行かない。(笑)

さて後年、お馬鹿な小僧もいい年になりまして、仕事でステンレスのパイプを曲げておりました。
これが上手く曲がらない。
曲げの内側には皺がより、外側がひしゃげて平らになってくる。
ヨシムラでは2階から長いパイプの中に砂を詰めて、両端を蓋をしてバーナーで炙りながら曲げていたらしい。
アセチレンで炙ったり、トーチを切断用に変えたりしてみたがダメだったなぁ。

今なら3次元ベンダーがあるから奇麗に曲がるけどね。
職人の技量は凄いもんだ。

私の師匠も名人の誉れ高い人で「この板、Z形に曲げて」
板厚3ミリ、幅15ミリ、長さ100ミリのステンレスをポンと渡されて・・・・曲がらない。(笑)
「おまえは不器用だなぁ」・・・よく言われておりました。

でもね、不器用ですから方法を考えるんですよ。
治具を考え手順を考え・・・・誰にでもできる方法を考えたんです。
名人の師匠には必要なかったけど。
師匠を唯一超えているのは、方法論を絶えず考え続けた事だけだなぁ・・・

                         05  1/27

今は昔。
身体に悪い事ばっかりしていた友人と食事に行きました。
青梅街道沿いの東高円寺の駅の近くの定食屋。
2人して焼き魚定食を食べていると、彼が魚の皮を剥がして残しています。

お魚大好き魔人としてはほっとけません。
「おまえなぁ、魚は皮が一番美味いんだぞ!残すたぁどういう了見だい」(まるで落語だね)
友人曰く「何だおまえ知らないのか」「魚の皮と身の間に、一番重金属が貯まるんだぞ」
「俺は子供が大きくなるまで生きるんだ!!」

そう、大馬鹿たれの彼も、前年子供が生まれました。
しか〜〜し、彼の口から食の安全性が語られるとは・・・・人は変わるんですねぇ。(笑)

つい最近のお話。
中国から輸入されていた「しいたけ」
いつまで経ってもかびないので業界の七不思議だったそうです。
何か薬品を使ってるとは想像していたそうですが、薬品が特定できない。

やっと近年わかったそうです。
「ホルマリン」・・・そうシック症候群の元にもなる猛毒です。
食材に使う薬品ではないので特定に時間がかかったそうです。

で・・・問題は・・・・
日本政府が中国に対して「毒物テロ」にも等しい事をされて厳重な抗議をしたと聴かないこと。
「この次、こんな毒物使ってるの発見したら経済制裁よ!」くらいのこと言わないとね〜〜
香港では、中国の野菜の事を「毒采」と呼んでいるそうです。
勘弁してくれよ〜〜
安全な物が食いたいよ〜〜

                          05  1/29

食の安全、その弐
野焼きは禁止されています。
その名のとおり、田んぼや庭などで不用品を燃やす事です。

4月頃、とある田んぼに、田んぼの土手などに使用しているビニールが山積みになっています。
畳の表(おもて)や梨の枝など雑多な物もうず高く積まれます。
しばらくすると野焼きです・・・・ビニールの黒煙が上がり、何もない田んぼにタール状の物が流れ込みます。

当然、その田んぼは休耕田だと思うでしょ?
とんでもない、田んぼに水が入り田植えが始まります。
田んぼの水が、石油製品独特の虹色にひかり・・そこに苗が植えられていきます。

さらに驚く事に、そこの田んぼの米は「有機農法米」として首都圏で高額で取引されるそうです。
あぁ、確かに肥料は自分のところで作ってるようだね。
有機農法、間違いない!!otz

                          05  1/30


友人の大工の口癖「軽自動車の値段でセルシオ作れるか!」
どこの業界でも同じだね〜〜
お金を出すほうは出来るだけ安く、求める物は出来るだけ贅沢に。

機械屋もジャパンも値段に関係なく「出来る限りの事を可能な限り」をモットーにしています。
おかげさまで認めていただいているのですが、商売としてはアウトです。(笑)
ジャパンの磨きは、ほとんどボランティア・・・・日当5000円以下になる事もしばしばですから。
技術開発の場としての要素が大きいのでそれはそれで意味はありますが。

いろいろな製品の開発をしていますが、特にポリッシャーの開発には力を入れています。
磨き傷をつけずに”艶のある磨き”ができるのは市販のポリッシャーでは不可能です。
トルクが有り、塗装面に艶を与えれば必ず磨き傷ができてしまいます。
Mモーションポリッシャーは唯一それが可能なポリッシャーです。

今回、10年ぶりにMモーションポリッシャーを新規製作しようと考えています。
販売台数は、最低6台。
製作部品は倍の12台分製作し、メンテナンス用の部品とする予定です。
ロットとして最低12台製作しないと値段が跳ね上がりますので(ギアから製作しますから)6人の方からのご購入希望が集まれば製作スタートします。
販売価格はおおよそ45万円。

詳細ページはもう少ししてから製作します。
次回の製作は、また10年後位になりますので(笑) この機会にご購入を検討してみてください。

                          05  1/31


サイトマップ      トップ >過去ログ