サイトマップ
    トップ   > プロ用洗車用品  > 洗車用品販売所  > カーケア メンテナンス 

何故車を磨くのか

車を磨く理由


車を磨くメリット
これはもう簡単、新車よりきれいになるから。
逆に言うと、新車がきれいじゃないから。
日本車の塗装の状態は、最高にいいと思います。

しかしメーカーで塗装をされたその状態で、日本中に配送してストックする事は不可能でしょう。
配送中やストック中に当然汚れがつくし、傷みを防ぐためにフイルムをつけたり、納車できるように洗車したりと、色々な外的要因で傷が付きます。

何十年と車に接して、これは良いと思ったのは、80系のマークU、パールただ一台。
まずどの車も間違いなく発色が悪いし、洗車傷がついています。

ワックスやコーティング剤の艶じゃなく、塗装本来の艶を見た人が少ないから判断ができないのでしょうね。
また判断ができても、磨けるところが日本中に有るわけではないから、難しいのでしょうね。


写真のマークUは、昭和62年車
代車用の車です。
3枚ともピントがあまいですねぇ〜
勘弁してください。

車を磨くデメリット


これは塗膜が薄くなることでしょう。
磨いて塗膜が増えることがある訳が無いですから、おのずと磨ける限界があります。
それが一番のデメリットです。

では、どうするか?
柔らかくてコシのあるバフを使用し、超微粒子のコンパウンドをで塗装を削らずに艶を出します。
この作業で、ほとんどの傷は消えてしまいます。

大体、ハード研磨を5〜6回して、修正研磨を5〜6回するとクリヤーが薄くなったな、とわかります。
一番最初のハード研磨はしかたないですが、後は車と相談して、ですね。


サイトマップ
    トップ   > プロ用洗車用品  > 洗車用品販売所  > カーケア メンテナンス